ジニアス記憶術と他の記憶術の違いは?

ジニアス記憶術と他の記憶術の違い

ジニアス記憶術と他の記憶術を比べてみると、ある決定的な違いがあります。

 

それは、左右の脳をバランスよく使うトレーニングを行うという点です。

 

他の記憶術の場合、効率よく暗記する方法を知ることができるでしょう。けれども、それらの方法には根気がいりますし、人によっては長続きしません。

 

ジニアス記憶術では、右脳と左脳を同時に活性化することで、文章などもまるで映像のように記憶に残るようになるのです。しかもそのためのトレーニングはゲーム感覚でできるので、飽きずに続けることができるでしょう。

 

一般的に勉強する際に用いられる暗記法は、何度も繰り返す、書きながら声に出す、といったものだと思います。他の記憶術の場合も、繰り返すことが大事なので一度に思えようとせずに何度も行う、といったことを提唱しているのではないでしょうか。

 

もしその方法で暗記ができたとしても、勉強の速度が上がることとは関係がないので、試験勉強までに全範囲を終えることができなかったりすることもあり得ます。

 

しかしジニアス記憶術の場合は、脳自体が活性化するので、読書をする速度や理解度まで向上させることができます。つまり、これまで行っていたのと同じ勉強時間の間に、これまで以上の量の勉強ができるということなのです。

 

ジニアス記憶術のシステムの有用性についてテストするため、ブリガムヤング大学の生徒にシステムを利用してもらったところ、6週間で37名すべての生徒の読書速度が、2倍から5倍に向上したことが明らかになっています。

 

ジニアス記憶術は、その有用性が認められているのです。

 

>>ジニアス記憶術の公式サイトへはこちらから<<