ジニアス記憶術 効果

ジニアス記憶術の効果

ジニアス記憶術を実践すると、眠っている脳を起こす効果が得られます。

 

人間の脳の仕組みとして、複雑な計算や理論的なことを考えている際には、左脳の一部に大量の血液が流れこむために、右脳はほとんど眠った状態になってしまいます。勉強の際に重要なのは読むという行為ですが、この時にはすでに脳内が上記のような状態になっているために、読みながら覚えるという同時並列の作業は難しいのです。

 

しかしジニアス記憶術のシステムを実践すると、脳内の血液量が増加し、理解力を向上させることができるのです。さらに速読力も身に着くので、これまでのように、何かを覚えるために膨大な時間をかけるということがなくなるという効果が期待できます。

 

せっかく記憶術を実践しても、飽きっぽい性格なので続かないのでは、と心配になる人もいるかもしれません。ジニアス記憶術の場合、自分の今の記憶力を測定できるので、記憶力がアップしたことを数字で確認できるため、効果を実感できるので、長続きするはずです。

 

トレーニングの内容もゲーム感覚で行えるので、楽しく続けることができるでしょう。

 

右脳と左脳の能力を20倍にも引き上げてくれるトレーニングに、イメージを活性化し強化することでイメージ記憶力のトレーニングができるゲームがあります。また、一度覚えたことを忘れないようにする、リピート記憶力トレーニングもできるのです。

 

ジニアス記憶術では、上記のゲームを1日7分間行うだけで効果を得ることができるため、とてもおすすめなのです。

 

>>ジニアス記憶術の公式サイトへはこちらから<<

ジニアス記憶術の効果はズバリ・・・記事一覧

ジニアス記憶術と他の記憶術を比べてみると、ある決定的な違いがあります。それは、左右の脳をバランスよく使うトレーニングを行うという点です。他の記憶術の場合、効率よく暗記する方法を知ることができるでしょう。けれども、それらの方法には根気がいりますし、人によっては長続きしません。ジニアス記憶術では、右脳と左脳を同時に活性化することで、文章などもまるで映像のように記憶に残るようになるのです。しかもそのため...